ビーグレンでしみを撃退

 

肌の悩みにもいろいろありますが、なかでも、しみは厄介な存在です。
私も、以前、父が入院してた頃、自宅から病院まで毎日自転車を使って通っていたのですが、一応日焼け止めはつけていたものの、目の近くに小さいしみができてしまいました。
早いうちならなおるかもしれないと思い、美白効果のある化粧水を使ったり、美容液やパックなどを試してみました。
それでもなかなか改善されないので、ピーリング効果のある洗顔石鹸を使用したり、体の中からも改善させたいと考えて、しみに効果のあるといわれているサプリメントを購入したり、ビタミンCのたっぷり入った食品なども試してみました。
でも、少しは薄くなったような気はしていても、完全に消えることはありませんでした。
最近はレーザー治療などで、しみを取る方法もありますが、できればそういった治療はまだ行わず、日頃のスキンケアで改善できればいいなと思っています。
今回は、スキンケア化粧品で人気の高いビーグレンのサイトを見てみました。
しみに良い効果のある化粧品のことを調べたいと思っていたからなのですが、ビーグレンのサイトでは、元カリフォルニア大学サンフランシスコ校教授 であるブライアン・ケラー博士によるアメリカの最先端の美白ケア3ステップが解説されています。
私は美白コスメというと、どれも同じような働きがあるのかと思っていたのですが、実は美白化粧品には2種類があり、すでにできてしまったしみを薄くしていく「漂白型」と、しみができないようにする「予防型」があるのだそうです。
そして、効果的な美白を行うには、どちらかひとつでは充分ではないということがわかり、もしかしたら、私も美白化粧品の選び方を間違っていたので、いまひとつ良い効果が得られなかったのではと考えるようになりました。
漂白型では、現在ハイドロキノン以上に効果的なものはなく、これは皮膚科医が肝斑の治療に処方しているものなのだそうです。
それから、これからできるしみを予防するためには、シムホワイト377がもっとも効果的といわれているそうです。
さらに、しみをできにくくするためには、活性酸素を除去することが大切だそうで、これにはビタミンCが有効となっているそうです。
これらの美白成分は水溶性のため、肌には浸透しづらく、しみにまで届かないとのことですが、ビーグレンでは、国際特許の浸透技術を使ったコスメが開発されており、これなら高い効果が期待できるのではないかと思っています。